旅&ドライブの前のページ

注) 2001〜2009年までの記事はコチラ

旅 Travel   国内編、海外編 ドライブ Drive


旅 Travel

 

場所 ひにち その他 概     要
12年度
大分県
臼杵市
12.11.07〜12.11.08 水彩画教室
スケッチ旅行
サンワークとみどりの館で有益先生から習っている水彩画教室の恒例の合同スケッチ旅行に参加しました。スケッチ旅行の時は何時ものことですが、解放感と数時間で仕上げなければならないという緊張感とが交錯した中での創作になります。そしてその日の終わりに一枚づつ先生の講評があります。教室で描くのとは違った点で勉強になります。宿泊する夜は、親睦を兼ねた宴会があり、大いに楽しみました。ただ、1日目のスケッチ場所は麿崖仏のある山地で寒気の影響で兎に角寒かったです。2日間のスケッチの詳細は、次の通りです。

★1日目---11:30〜16:00まで麿崖仏周辺の風景描き、同日夜、宿にて1枚づつ先生講評
★2日目---9:30〜15:30まで臼杵市内、二王座歴史の道周辺の風景描き、現地にて1枚づつ先生講評16:30,シャトルバスで帰路に付きました。
東京&
箱根
12.10.1〜12.10.4 築地、柴又、新装なった東京駅
箱根
母が亡くなったのを機に、毎年4人兄弟(妹、弟2人)持ち回りでそれぞれの地元で兄弟寄りを催しています。今年は下の弟の順番で、箱根で兄弟寄りがあり夫婦で出席しました。丁度前日台風17号接近で10/1の出発日、羽田行きの便が飛ばないのではないかと、心配しましたが、台風一過の絶好の天気に恵まれました。

10/2〜10/4,箱根での兄弟寄りは下の弟の好計画で皆で楽しい時が過ごせました。
ところが帰る間際に又台風19号がやって来て悩まされました。10/3には東京に影響しそうな進路で進行し心配しました。10/4になって幸いにも進路がやや右寄りに変わって影響無くホッとしました。
詳細は題字をクリックして下さい。
福岡市・ヤフードーム 12.08.31
12.09.01
プロ野球公式戦観戦 7/17公式戦観戦に続いて、今年、5,6回目の公式戦に行きました。今回も新聞組合のくじが当って2戦続けての突然の観戦でした。もうまさか当選するとは思わず、応募したものです。
★8/31---福岡郊外に住む長男宅までマイカーで行き、ソフトバンク〜日ハム戦の観戦です。前回に続いて行橋駅構内の弁当店で夕食用弁当を買って、それをクーラーボックスに入れ、バスに乗る時、手に下げて行きました。試合開始前にスタンドで生ビールを買って弁当を食べる、野球観戦定番のコースです。席は1塁側のホームランホークシートの上の方でした(48列)。
試合は日ハムが1点先行し、8回小久保の適時打でようやく1点入り、同点となりました。私達は9回で帰りましたが、延長10回で引き分けとなりました。
★9/01---長男宅に泊って引き続いて今日も、ソフトバンク〜日ハム戦の観戦です。今日は土曜日で私達に取って初めての14時試合開始のデーゲーム観戦です。それから孫太郎(4才)がニンジンに釣られて初めて付いて来たことです。途中、JR博多シティーに寄って孫太郎のニンジン(トミタの新幹線おもちゃ)を買って、お好み焼きを食べて行きました。
席は1塁側のホームランホークシートの昨日と全く同じ席、新聞組合が年間チケットを購入しているのでしょうかね。孫を夫婦で交代で抱きなから観戦しました。4回くらいから孫が1時間くらい寝てしまいました。
試合はソフトバンクが1回に1点先取しましたが、5回に日ハムが同点とし、8回まで観て孫を連れて帰りました。今日も1-1の引き分けかなと思っていたところ、9回に森福が2ランを浴び、結局3-1で負けていました。写真はコチラ
福岡市・ヤフードーム 12.07.17 プロ野球公式戦観戦 6/13,6/27の公式セ・パ交流戦と公式戦観戦に続いて、公式戦に行きました。今回は新聞組合のくじが当って突然の観戦でした。
福岡郊外に住む長男宅までマイカーで行き、ソフトバンク〜オリックス戦の観戦です。去年と同じ鷹の祭典の日でした。前回はユニホームを貰わなかったため、ズッと妻から恨まれましたので、今回は是非ゲットしようと出掛けました。今度は行橋駅構内の弁当店で夕食用弁当を買って、それをクーラーボックスに入れ、バスに乗る時、手に下げて行きました。入場券とユニホームを貰って時間があったので、お土産店や応援グッズ店を見て廻った後、入場しました。座席は初めての外野席、これが応援団の真只中で、やかましいのと、試合中の選手やボールが見えづらいので、観戦に集中出来ませんでした。やはりS席の方がいいのが実感できました。
試合は岩崎、西両投手の先発でしたが、3回2点入れられ、6回に1点入れたのですが、そのまま2-1で負けてしまいました。写真はコチラ
福岡市・ヤフードーム 12.06.27 プロ野球公式戦観戦 6/13のセ・パ交流戦観戦に続いて、今度は公式戦に行きました。
福岡郊外に住む長男宅までマイカーで行き、ソフトバンク〜オリックス戦の観戦です。前回に続いて行橋市内のスーパーで夕食用弁当を買って、それをクーラーボックスに入れ、バスに乗る時、手に下げて行きました。試合開始前にスタンドで生ビールを買って弁当を食べる、定番のコースになりました。席は久しぶりにS席三塁側下の方でした(18列)。
試合は岩崎、フィガロ両投手の好投で投手戦となって回はどんどん進み、試合はあまり面白くありませんでした。後半にソフトバンクが2度ピンチになり、どうにか乗り越えましたが、冷や汗をかいて疲れました。0対0のまま、9回も終わり延長戦となりました。妻が帰るというので、長男宅に帰りましたが、結局、10回引き分けでした。写真はコチラ
福岡市・ヤフードーム 12.06.13 プロ野球公式セ・パ交流戦観戦 4/24の公式戦観戦に続いて、今度はセ・パ交流戦に行きました。
福岡郊外に住む長男宅までマイカーで行き、ソフトバンク〜中日戦の観戦です。妻の希望で行橋市内のスーパーで夕食用弁当を買って、それをクーラーボックスに入れ、バスに乗る時、手に下げて行きました。試合開始前にスタンドで生ビールを買って弁当を食べる、これが格別です。席は三塁側の一番上の方でした。
試合は1回いきなり内川の犠牲フライで1点先取、打撃戦になるかなと期待していましたが、新垣、中田両投手の好投で投手戦となって回はどんどん進み、試合はあまり面白くありませんでした。結局、虎の子1点のみで1-0でソフトバンクが6月は3勝目となりました。写真はコチラ
松島町・天童市・戸沢村・仙北市・鹿角市・弘前市・十和田市・花巻市・平泉町 12.05.10〜12.05.13 東北一周の旅 昨年、等覚寺応援団有志で東北旅行を予定していたところ、東日本大震災により、中止しました。今年はリベンジと東北応援を兼ねて東北に行くことにしました。今回の旅は、天気に恵まれなかったが、盛り沢山の観光地と珍しい体験が出来たことが収穫だったと思う。更に同行のグループ全員が元気に旅が出来たことが何よりだった。詳細は題字をクリックして下さい。
福岡市・ヤフードーム 12.04.24 プロ野球公式戦観戦 昨シーズンから生協のソフトバンク観戦回数券(8回)を購入して観戦に行っています。今年最初の使用をソフトバンク〜西武戦にしました。福岡郊外に住む長男宅までマイカーで行きました。15時過ぎ,バスに乗り博多駅へ行き、駅地下街で弁当を買いドーム行きのシャトルバスに乗りました。1時間半前に着いて、入場券に交換して入場すると、三塁側の前の方で、久しぶりに前の席になったので、ラッキーと妻と喜びました。17時過ぎに練習を見ながら買ったビールを飲みながら弁当を食べました。定刻に試合開始、段々に席が埋まりほぼ満員になりましたが、前の席は埋まらず見易かったです。初回1点先行し、山田の好投でついに勝利しました。三塁側は初めてでしたが、割合に静かな応援でしたので、かえって良かったかなと思いました。堪能出来た野球観戦でした。写真はコチラ
11年度
大分県
別府市&九重町
11.12.14〜11.12.15 忘年会懇親会旅行 棚田を守るボランティア団体の等覚寺応援団で恒例の忘年会を兼ねた一泊旅行が今年もありましたので、参加しました。
★12.14---夕方の別府宿泊所集合までの時間を使い、私達夫婦だけで由布岳登山することになり、マイカーで6:35に家を発ち、安心院経由で湯布院町を通って登山口まで上りました。その登山記は「ウォーキング&登山」の項をご参照ください。
15:15,今夜の宿、別府駅裏の九電保養所に入りました。温泉に浸かって疲れを取り18:00から宴会、当館の料理が又抜群に美味しく楽しみの一つです。そしてカラオケで二次会、今年から元バスガイドさんが団員になり、その人の先導で大いにみんな盛り上がり、団員同士の友情を深め合えました。
★12.15---この日も朝から好天、朝風呂の温泉に入って温泉堪能、そして朝食。ここで現地解散となり、それぞれ好きな所に行ったり、直接帰宅したりしました。私達は用事があったので、帰宅の途に付きました。
楽しい忘年会旅行でした。
久留米市&

築後吉井町
11.11.07〜13.11.08 水彩画教室
スケッチ旅行
サンワークとみどりの館で有益先生から習っている水彩画教室の恒例の合同スケッチ旅行に参加しました。解放感と数時間で仕上げなければならないという緊張感とが交錯した中での創作、そしてその日の終わりに一枚づつ先生の講評があります。教室で描くのとは違った点で勉強になります。宿泊する夜は、親睦を兼ねた宴会があり、大いに楽しみました。ただ、久留米ハゼ並木の紅葉は未だで、緑色の多いハゼ並木の絵となりました。(>_<) 2日間のスケッチの詳細は、次の通りです。

★1日目---11:30〜15:30まで久留米ハゼ並木周辺の風景描き、同日夜、原鶴温泉の宿にて1枚づつ先生講評
★2日目---9:30〜15:30まで吉井町・白壁の町並みの風景描き、現地にて1枚づつ先生講評、その後自家用車に分乗して帰路に着く。
大分県
九重町
11.10.23
11.10.24
長男家族との家族旅行 ★10/23---九重に行く途中、「三光コスモス園」に寄りました。大分県中津市三光(旧三光村)下田口地区にあるコスモス園で、中津市のシンボル「八面山」を望む24haの転作田に約 2400万本のコスモスが植えられ見渡す限りのコスモスは圧巻でした。メイン会場にはステージもあり露店も数十店あり、地元の農作物や果物、弁当などが多数出店して、大盛況でした。
中津で昼食を取った後、深耶馬渓、玖珠町を通って長者原の宿、九重クラブ(会員制のリゾート施設)に15時に着きました。露天風呂の温泉にゆったりつかった後、持ち込んだビールで乾杯し、しばしくつろぎました。その間、孫は広い部屋を走ったり、おもちゃで遊んだりと子供なりに楽しんでいました。夕食は食堂でここの名物の鴨鍋料理。3才の孫はびっくりする程食べていました。 その後、部屋に戻り、持ち込んだビールを飲んで21時頃まで歓談し、孫のペースに合わせて皆寝ました。
★10/24---今日は朝から曇りがちの天気でしたが、皆で九重花公園に行くことにし、朝食を取った後、宿を発ちました。花公園に着いた頃から青空となって好天気になり、園内の花園を見て廻ったり、九重連山の紅葉の風景を眺めたり、ベンチでお茶したりして自然を満喫しました。孫は花園の中の細道をあちこち歩き回り楽しんでいました。園内は月曜日のため入場者が少なく、ゆったりしていました。午前中で切り上げ、瀬の本のドライブインで昼食を取って、ここで長男家族は日田経由で志免町へ帰宅、私達は玖珠町を通って行橋に戻りました。

今回の旅は天気予報が外れて2日間とも好天に恵まれ、長男家族も私達もゆったり温泉につかり日頃の疲れを癒せたと思います。 上記写真はコチラ
京都市
11.09.20
11.09.21
大原・三千院ほか
金閣寺、清水寺
母が亡くなったのを機に、毎年4人兄弟(妹、弟2人)持ち回りでそれぞれの地元で兄弟寄りを催しています。今年は上の弟の順番で、京都で兄弟寄りがあり夫婦で出席しました。丁度台風15号襲来の最悪の中でしたが、皆元気で参加してくれました。次の日の朝、現地解散したので、私達は続けて京都観光しました。
9/20,雨中にもかかわらず三千院、宝泉院を皆で巡ったのは最高でした。
9/21は台風の最中、風雨にさらされるのを覚悟しましたが、途中から突然好転し、天の恵みに感謝。
詳細は題字をクリックして下さい。
茨城県・大子町、大洗町、ひたちなか市 11.08.28 袋田の滝
大洗公園
ひたち海浜公園を訪れる
九州にひとりで来ていた孫を茨城・土浦市に連れて帰りました。土浦滞在中の一日を利用して、次男が車で連れて行ってくれました。
★袋田の滝---妻の希望で行くことになりました。tvの旅の番組で見て、行って観たいと思ったとのこと。
土浦市の次男宅を彼のマイカーで6時過ぎに出、下道を延々と走り、福島県境に近い大子町袋田に9時過ぎに着きました。日本三名瀑のひとつ、長さ276mの観瀑トンネルを通って滝に近付けました。飛沫を浴びながら怒涛のように落下する滝を目の前で観ることが出来るので、それは迫力満点で観甲斐がありました。
★大洗公園---孫の希望でアクアワールド大洗水族館を次の観光地として目指しましたが、駐車場は満車でおまけに駐車待ちの行列が出来ていましたので、直ぐ隣の本公園で遊ぶことにしました。その前に道中でそば屋さんで昼食を取りました。これが大当たりの抜群のソバでした。公園下の海岸はサーフィンのメッカのようで、海岸近くの波間には多くのサーファーが浮かんでいました。孫も波打ち際でとうちゃんの監視の下に泳ぎ、随分楽しく遊んでいました。
★ひたち海浜公園---水族館に入れなかったので、国立の海浜公園に行きました。もう14:30頃でしたが、夏休み最後の日曜日とあって、まだまだ家族連れで超満員でした。何しろ広大な公園なので、レンタルサイクルを借りることにし、センターに行くと幸いにも空いていたので、4人分借りて園内のサイクリングロードを走り廻りました。森有り、海岸線有り、丘有り、池有りと変化に富んだコースを楽しくサイクリングし、観光出来ました。

17時近くまで遊んで、次男家族が何度か行ったという那珂湊魚市場に行きました。時間が遅かったので、殆んどの魚屋さんは後片付けをしていました。魚は買わず、食べて帰ろうということになって、市場の向かいの食堂「久楽」で海鮮丼定食に皆で舌鼓を打ちました。昼、夜とも大当たりの味覚を味わうことが出来、感謝。
上記写真はコチラ
福岡市・ヤフードーム 11.07.08 プロ野球公式戦観戦 5/31,6/01の公式セ・パ交流戦観戦に続いて、公式戦に行きました。今回は新聞組合のくじが当って突然の観戦でした。
いつものように福岡郊外に住む長男宅までマイカーで行き、ソフトバンク〜千葉ロッテ戦の観戦です。博多駅の商店街で弁当を買ってシャトルバス乗り場に行き、最後尾を探して列に沿って行くもなかなか届かず、とうとう折れ曲がってようやく並べました。球場に着くと長蛇の列が出来ているところ(鷹の祭典の日で全員にユニホームをくれる)があったが、直ぐ入場しました。座席は初めての外野席、ポールの横でした。これが応援団の横で、やかましいのと、試合中の選手やボールが見えづらいので、観戦に集中出来ませんでした。やはりs席の方がいいですね。
試合は3回まで山田、成瀬両投手の投手戦でしたが、山田が6四死球と荒れて4-0で負けてしまいました。去年から私達が観戦した5試合はすべて勝ちゲームだったのですが、今回遂に勝ちのジンクスが破れてしまいました。(>_<) 写真はコチラ
大分県
九重町
11.06.14〜11.06.16 懇親会旅行 棚田を守るボランティア団体の等覚寺応援団で恒例の九重旅行が今年もありましたので、参加しました。

★06.14---5人で久住山に登ることになりました。その登山記は「ウォーキング&登山」の項をご参照ください。そして長者原の宿に15時前に着きました。温泉に入った後、ビールで乾杯していたら、間もなく他の同僚も到着し、持ち込んだビール、つまみで前宴会しました。夕食は食堂で鴨鍋料理。 その後、部屋に戻り、持ち込んだビール、焼酎で後宴会、21時頃まで盛り上がりました。

★06.15---今日は朝から雨でしたが、3人帰宅したので、8人で九重花公園に行くことにし、宿を発ちました。途中で瀬の本のドライブインに寄って時間をつぶしました。昼前でしたが、黒川温泉の手前にある以前も皆で行ったことのある「隠庵」というソバ屋さんでお昼をすることにしました。古民家を移築した店内はなかなかの雰囲気で、皆でざるソバをいただきました。それから花公園に行き、2時間弱うろうろしました。雨のため入場者はほとんど居ませんでした。(>_<)

 チェックインの15時まで未だ大分時間が残っていたので、帰路直ぐの所の「くじゅうヒルズホテル」のレストランでコーヒータイムしました。ここもなかなか気持ちのいい所でしたよ。今夜は自炊棟の1号館に移動して夕食は焼き肉料理を皆で作ってビール、酒、焼酎を飲みながら且つ豊後牛肉を一杯食べて盛り上がりました。食事中、昨日登った久住山登山の写真もTVで見ました。 21時頃、部屋に戻り皆疲れたのでしょう、直ぐ蒲団を敷いて寝てしまいました。写真はコチラ

★06.16---インスタントみそ汁とおにぎりで朝食を取った後、皆で帰る準備をしました。そしてそこで自由解散となりました。私達は何処も寄らずに帰宅しました。途中、一時すごい降りに遭いました。

今回の旅は天気はよくはありませんでしたが、皆で飲みにケーションで、深い深い(?)友情を交わせたと思います。
福岡市・ヤフードーム 11.05.31
11.06.01
プロ野球公式セ・パ交流戦観戦 5/13の公式戦観戦に続いて、今度は初めてのセ・パ交流戦に行きました。
★5/31---福岡郊外に住む長男宅までマイカーで行き、ソフトバンク〜中日戦の観戦です。妻の希望で途中バスセンター8Fでお好み焼きを食べて行ったのですが、スタンドでの楽しみの一つ、生ビールがあまり美味しくありませんでした。席はバックネット裏でしたが、一番上の方でした。
試合は1回いきなり内川のソロホームランが飛び出し、打撃戦になるかなと期待していましたが、山田、ネルソン両投手の好投で息詰まる投手戦となってそれも又ファンを楽しませてくれました。結局、虎の子1点のみで1-0でソフトバンクが9連勝目を飾りました。

★6/01---長男宅に泊って引き続いて今日も、ソフトバンク〜中日戦の観戦です。途中、JR博多シティーに寄って弁当を買って行きました。阪急デパチカでと思って見て廻りましたが、適当な弁当が無かったので、一番館の弁当屋さんで買いました。昨日は17時に入場したので、席が上の方しか残っていなかったのだろうと、今日は16時頃入場したのに、あまり変わりませんでした。きっとコンピュターで自動選択するからでしょうね。
ソフトバンクが4回まで2点を取り、先発和田の調子も良かったので、昨日と同じように抑えきるかなと思っていた所、6回に打球を右足首に受け、交代しました。後半連打で2点ずつ加点し、ついに10連勝しました。昨日と違って安心して観ることが出来ました。写真はコチラ
福岡市・ヤフードーム 11.05.13 プロ野球公式戦観戦 今シーズンから生協のソフトバンク観戦回数券(8回)を購入しました。その最初の使用をソフトバンク〜西武戦にしました。福岡郊外に住む長男宅までマイカーで前日から行き、5/13,バスに乗り継いでヤフードームに行きました。途中、時間があったので、乗り継ぎのバスセンターからJR博多シティーに初めて行きました。噂通りの大規模なショッピングステーションにびっくり。9F,10Fのシティダイニングくうてんは所々に緑地が配置され、心地よいスペースでした。1時間半前に着いて、入場券に交換して入場すると、初めてのバックネット裏の席に興奮。17時には練習を見ながら買ったビールを飲みながら弁当を食べました。定刻に試合開始、段々に席が埋まりほぼ満員になりましたが、S席はなかなか埋まらず5回過ぎてからほぼ埋まりました。1点先行されましたが、追いつきそして勝ち越し、勝利しました。試合は大いに盛り上がり、久しぶり興奮しました。堪能出来た野球観戦でした。写真はコチラ
10年度
大分県
九重町
10.11.01〜10.11.02 水彩画教室
スケッチ旅行
サンワークとみどりの館で有益先生から習っている水彩画教室の恒例の合同スケッチ旅行に参加しました。解放感と数時間で仕上げなければならないという緊張感とが交錯した中での創作、そしてその日の終わりに一枚づつ先生の講評があります。教室で描くのとは違った点で勉強になります。宿泊する夜は、親睦を兼ねた宴会があり、大いに楽しみました。ただ、1000m近い標高と寒気の影響で兎に角寒かったです。2日間のスケッチの詳細は、次の通りです。

★1日目---11:30〜15:30まで男池湧水周辺の風景描き、同日夜、宿にて1枚づつ先生講評
★2日目---9:30〜15:00まで飯田高原長者原の風景描き、15:15から現地にて1枚づつ先生講評、その後現地解散。
佐賀・呼子&唐津 10.09.19〜10.09.20 亡母七回忌と兄弟寄り 09/19、亡母七回忌を行い、昼から兄弟寄りで佐賀・呼子波戸岬に行きました。兄弟、妹、長男の家族、総勢10人で長男運転の10人乗りワゴンに乗って行きました。次の日に訪れた唐津のことも含めてレポートします。
★09/19---12時、行橋を出発し、福岡を経由して16:30波戸岬に着きました。続けてその先の波戸岬を見物。ここには海に浮かぶ海底水族館や人口砂浜の海水浴もあります。海,の眺めは、素晴らしかったです。そこから近くにある今夜の宿、国民宿舎に着きました。夜は活イカ会席の料理で宴会を催し、大いに盛り上がりました。呼子名物の透き通った活イカに東京や奈良から来た妹や弟達も大満足していました。2才の孫太郎も広い宴会場を走り回り、これも大喜びしてご機嫌さんでした。
★09/20---1泊した国民宿舎・波戸岬は料理も美味しいし、接客も良く、見晴らし抜群のとてもいい所でした。朝食後、呼子港へ行き、観光遊覧船で七つ釜を見物し、朝市を廻って4km先の唐津に移動し、観光しました。
まず曳山展示場に寄り、豪華で勇壮な14台の曳山を見物しました。それから近くにある旧高取邸を見物しました。旧高取邸は炭鉱で財を成した高取家の邸宅で、その豪華さは当時の最高の邸宅だったことが容易にうかがえるものでした。特にびっくりしたのは能舞台まで設けられていたことです。
唐津城の入り口まで歩いて食堂で昼食。そこからお城に上って更に天守閣まで上がって素晴らしい松原海岸や街並みの絶景を堪能しました。そして14:30頃帰路に付きました。
弟達と博多駅で別れて、続けて妹と長男宅まで移動しました。そして自分の車に乗り換えて行橋に帰り着きました。
今回の兄弟旅も、大好評の内に終わってホッとしたところです。
写真はコチラ
アルペンルート&能登半島 10.05.09〜10.05.11 懇親会旅行 棚田を守るボランティア団体の等覚寺応援団で計画した「利尻・礼文島ツアー」が阪急交通社の都合で取り止めになり、「アルペンルートツアー」の方に代えて団員に再度参加募集し、ツアー参加しました。
5/9に訪れた黒部渓谷トロッコ列車による観光の日もお天気でしたが、5/10のアルペンルートの日はホテルを出発した時から晴天に恵まれ、雪山や雪の大谷などの絶景を堪能出来ました。5/11,能登半島観光は輪島で雨が降り始めましたが、大降りすることなく観光には影響ありませんでした。全員元気で素晴らしい旅が出来ました。詳細は題字をクリックして下さい。
福岡市・ヤフードーム 10.04.30 プロ野球公式戦観戦 ソフトバンク〜千葉ロッテ、公式戦の入場券を入手したので、福岡郊外に住む長男宅までマイカーで前日から行き、4/30,バスに乗り継いでヤフードームに行きました。3/4、オープン戦観戦したばかりでしたが、又プロ野球観戦出来たのは幸いでした。1時間半前に着いて、17時には練習を見ながら買ったビールを飲みながら弁当を食べました。最初は5割くらいの入りでしたが、3回に入った頃には7割くらいになりました。エース杉内が1回表にいきなり4点取られ、厳しい船出となりました。その後、3,4番活躍のお陰で、追いつきそして勝ち越し、勝利しました。試合は大いに盛り上がり、久しぶり興奮しました。堪能出来た野球観戦でした。写真はコチラ
福岡市・ヤフードーム 10.03.04〜10.03.05 プロ野球オープン戦観戦 ソフトバンク〜東北楽天、オープン戦の入場券を入手したので、福岡郊外に住む長男宅までマイカーで行き、そこからバスに乗り継いでヤフードームに行きました。2007年9月、公式戦観戦以来、2年半ぶりのプロ野球観戦です。30分前に着いたのですが、一塁側内野自由席はもう7割くらい詰まっていました。前半は両先発投手が好調で引き締まったゲーム展開でしたが、後半は中継ぎ投手の不出来で緊迫感に欠けました。9回裏2アウトからソフトバンク田上のホームランで、どうにか4ー4の引き分けで終わりました。久しぶりの派手な応援と球場の熱気に上気しました。写真はコチラ
茨城行き&山形・蔵王スキー場行き 10.02.11〜10.02.14 茨城・次男宅訪問&家族とスキー旅行 恒例の遠征スキーツアーを今年も、茨城に住む次男家族と今年は更に福岡の長男も加わって一緒に2/11,12,13の3日間、昨年と同じ蔵王に行きました。
14日は次男宅から長男、私達はそれぞれ九州に帰りました。久しぶりの家族揃っての楽しい4日間でした。詳細は題字をクリックして下さい。
大分県
別府市&九重町
10.01.19〜10.01.20 新年会懇親会旅行&九重スキー行 棚田を守るボランティア団体の等覚寺応援団で恒例の忘年会が都合で取り止めになり、代わりに新年会を兼ねた一泊旅行となりましたので、参加しました。
★01.19---夕方の別府宿泊所集合までの時間を使い、1/11に続いて九重へすべりに行ってきました。16時ころまでに別府宿泊所に到着したいので、6時ころ家を出て10号線から耶馬溪に入り玖珠町を経由して九重町役場から四季彩ロードに入りました。スキー場に着いたのは8:30で、駐車場には未だ20台くらいしか駐車していませんでした。この日は快晴で、深耶馬溪から峠を越えて玖珠町に入ると-6℃、ゲレンデは上々のコンディション、平日で入場者も少なくガンガン滑れました。それでも朝の内は堅い雪面のコンディションでしたので、滑り易かったです。昼頃過ぎになると気温が上がって、ザクザクした雪面となって滑らなくなりました。
14時に上がって、14:30スキー場を発ち、今夜の宿、別府駅裏の九電保養所に15:30入りました。5分くらいして皆も到着し、入室して早速、大浴場に行き、温泉入浴、スキー後の疲れを癒しました。ビールを買ってきて飲むと、湯上りの味は格別でした。
18:00から宴会、美味しい料理と持ち込みの高級焼酎(森伊蔵)、大吟醸を飲んで盛り上がりました。そしてカラオケ室で二次会、みんな更に盛り上がり、団員同士の友情を深め合えました。
★12.18---この日も朝から好天、朝から温泉に入って温泉堪能、そして朝食。ここで2組とお別れし、私達は国東半島方面を巡ることになりました。杵築、それから両子寺、豊後高田・昭和の町を観光して楽しんだ後、帰宅の途に付きました。スキーの写真はコチラ

 


ドライブ Drive

 

場所 ひにち その他 概    要
12年度
北九州市・小倉 12.10.21 B-1グンプリーin 北九州 10/20,10/21の2日間開催され、私達は10/21(日)に行って来ました。
63団体が参加し、人出が20(土)が21万人、21(日)が40万人、計61万人だったそうです。
私達はリバーサイド会場に10時頃着いたのですが、既に物凄い人だかりで、並ぶ最後尾が何処なのか人の渦の中で分からず戸惑うばかりでした。
それでも何とか並んで2人でリバーサイドで8食、食べ、シーサイドに移って2食、食べました。
これだけ食べたのに途切れ途切れ食べたからですかね、あまり腹いっぱいになったという感じではありませんでした。

それでも全国規模の食の祭典にふさわしく、素晴らしい催しだと思いました。
グランプリは青森の八戸せんべい汁でした。
来年は豊橋で開催されるそうです。
写真はコチラ
門司港レトロ地区 12.10.07 遊覧船、
トロッコ列車
帰宅中の長男家族と久しぶりに門司港レトロ地区に行きました。日曜日の晴天とあって多くの人出で賑っていました。孫2人を楽しませようと遊覧船とトロッコ列車に乗りました。
★遊覧船:関門大橋のところまで往復するものでした。兄ちゃんの方は最初は怖がっていましたが、すっかり慣れてはしゃいでいました。下船してレトロ地区を散歩してもう直ぐ解体修理に入る門司港駅まで行きました。
★トロッコ列車:昼食後、皆で乗って車窓を楽しみながら布刈公園まで往復しました。孫達は布刈公園の子供の遊び場が気にいってしばらく遊びました。
お天気で、楽しい家族リクレーションが出来ました。写真はコチラ
九重・長者原 12.08.25 家族リクリェーション&避暑 帰宅中の長男家族と久しぶりに九重・長者原に行きました。深耶馬渓経由で行ったのですが、先日の豪雨災害でR212が3ケ所で道路が削られ片側通行になっていました。災害は予想以上に甚大だったようです。その後、順調に走り、12時前に長者原P場着きました。所が駐車場はもう9分くらい詰まっていて、びっくりしました。長期に駐車してはいけないキャンピングカーがかなり占領していました。ルールを守って欲しいものです。

着いて直ぐ通り雨があり、しばらく車に閉じ込められました。やがて止みましたので、「森のひろば」の中にブルーシートを敷いて皆で弁当を食べました。23℃と、じっとしていると寒いくらいでした。標高1000mの場所だからでしょうかね。食後皆でビジターセンターを見学した後、近くのタデ原の木道に沿って散策しました。
山の花々と緑に包まれた夏の高原の風景を満喫することが出来ました。それ以上に孫兄弟が喜んでくれたのが最高の収穫でした。

帰路、筋湯の立ち寄り湯で温泉につかって体をリフレッシュして帰りました。写真はコチラ
太宰府市・九州国立博物館&
粕屋町・駕与丁公園
12.05.24 ・平山郁夫 シルクロードの軌跡

・バラ園見物
・仏教の起源に日本文化の神髄を求めて、150回以上に及ぶ取材旅行を通じてシルクロードを描き続けた画家・平山郁夫の特別展があったので、行きました。
展覧会には、平山郁夫画伯の本画・下図・素描・スケッチや、作画のための研究材料として収集された平山郁夫夫妻コレクションの美術品と関連作品をあわせて展示されていました。又各地の文化遺産保護活動も紹介されていました。
いずれも驚くものばかりでしたが、やはりラクダに乗って進むパルミラ遺跡の画と破壊されたバーミアン大石仏の画は胸を打つものがありました。

・帰路途中にある粕屋町・駕与丁公園にも寄ろうということになり、途中のスーパーマーケットで弁当を購入し、公園に行きました。平日にもかかわらず大勢の人で賑わっていました。
1,300平方メートルの園内に、180種・約2,400株のバラの花が咲いています。普通株の他にアーチ型や傘仕立て型を多く配置されて、大規模なバラ園は壮観で素晴らしい景観でした。更に今まで見たこともない素晴らしいレイアウトが逸品ですよ。花は少し過ぎていましたが、それでも素晴らしいものでした。
バラ園の場所は駕与丁公園南側の風車を目印に行くといいそうです。 写真はコチラ
くじゅう花公園 12.05.04 春の草花見物、家族リクリェーション 連休で帰宅中の長男家族と1年ぶりにくじゅう花公園に行きました。混雑を避けて朝7:30に出発、順調に走り、10:30過ぎに花公園に着きました。所が駐車場はもう8分くらい詰まっていて、びっくりしました。受付で一歳6ケ月の孫用の乳母車(借り賃:\100)を借りて入場すると、今までかって無いほどの大混雑。天候は、当初曇って風の強い肌寒かったですが、段々日差しが差して歩いていると汗ばむくらいに気温が上がりました。2時間くらい掛けて、それぞれの花園を見て廻りました。4才の孫太郎は元気一杯で、花園の中に付いたあぜ道を掛け廻ってはしやいでいました。今年からラベンダー畑の横にわんぱく広場が出来、滑り台、ブランコ、など遊び場があるのが子供達に取っては楽しみの一つになったようです。
美しい色をした花々と新緑に包まれた春の久住高原の風景を満喫することが出来ました。

見終わって「カントリーガーデン」横のベンチに戻り、弁当の時間。孫太郎は一杯走ったり歩いたりしたからでしょう、凄い食欲でした。食後もそこでゆっくりくつろぎました。
帰路、赤村まで足を伸ばし、源じいの森温泉の立ち寄り湯で温泉につかって体をリフレッシュして帰りました。写真はコチラ
北九州市立美術館・分館(リバーウォーク5F) 12.04.30 第96回院展 三年続けて行きました。本展では日本美術院同人作家の新作32点をはじめ、受賞作品、および九州出身・在住作家の入選作品を含む76点を展示されていました。いずれも100号とか200号とか、大作ばかりで、その凄さに圧倒されました。日本画特有の絵画が大半ですが、今年は抽象的な画、油絵のようなリアルな作品も見受けられ、時代の変化を感じる気がしました。何れの作品も見ごたえがあり、色が鮮やかで緻密に描かれた素晴らしい作品ばかりで、心を打たれました。
行橋市今川

みやこ町
12.04.09 今川の桜並木見物

仲哀公園(七曲がり)の桜見物
これで桜は最後のようだったので、連チャンになりますが、又花見に出掛けました。今日は久しぶりに自転車で行くことにしました。ハロデーで弁当を買って今川自転車道に下り、市役所の対岸まで写真を撮りながら移動しました。月曜日でしたが、晴天で多くの家族連れが河川敷の草地で輪になって弁当を食べていました。私達もそこで昼食にしました。晴天下のポカポカ陽気に昼寝したいくらい気持ちが良かったです。

それから続けてみやこ町・旧仲哀峠にある仲哀公園に行きました。自転車道路を上って京都橋を渡り稗田から長狭川沿いに大久保の交差点を過ぎ旧道を上り、七曲がりの入り口に着きました。その間遠くから七曲がりの桜で山が桜色に彩られているのが見えました。自転車に乗ってこれからが最大の難所です。何しろ頂上のトンネル(標高差150m)まで15回のヘヤピンカーブを乗り越えなければなりません。(>_<) 山一杯に咲いた1100本の桜の豪華なトンネルを通るのが唯一の慰めです。そして途中何人にも励まし(?)の声を掛けていただきました。無事トンネルまで上がり、前で記念写真を撮って、少し下った最高の見晴らしの所で休憩しました。後から地図で調べると片道17kmありました。帰りは楽チンでした。大久保の交差点まで下り坂でほとんど漕がずに済んだからです。往路と同じ道を帰りました。帰ったら股ずれして少し痛かったです。(>_<) 写真はコチラ
日課のウォーキングコース

熊本県阿蘇
12.04.06

12.04.08
コースの桜

一心行の桜見物
★ウォーキングコースでウォーキングしながら満開の桜見物もしました。標高50mの水道山の桜はテングス病が伝染していて心が痛みます。水道山麓の桜は木の周りに咲いた菜の花の黄色との彩りがとても綺麗でした。八景山の桜は密集してヒョロヒョロと上ばかり伸びて手入れしてやるといいなと思うのですが・・・。

★春の快晴に恵まれましたので、急遽花見のドライブに行きました。走行距離318kmの久々のロングドライブ、絶好のお天気の中、快適な1日でした。コースは下記。写真はコチラ
深耶馬溪→玖珠町→小国町→白水村・一心行の桜(昼食)→高森町→阿蘇市→瀬の本→筋湯→玖珠町→深耶馬溪
・白水村・一心行の桜---エドヒガン桜、樹齢400年の大樹で5分咲きくらいで遅れていました。白花で染井よりやや小ぶりの花で、根本から5本くらいの幹が分かれて広がったどっしりとした風格のある大樹です。P場は近くの畑が広範な公園化され、その中の一部を臨時のP場にしていました。日曜日の桜の見頃とあって、車は渋滞、あと3kmのところから渋滞し、30分掛りました。そして一心行公園は花見客で一杯でした。帰路は高森町から阿蘇山を一周するコースで帰りました。
北九州市・小倉城 12.04.04 小倉城の桜見物 八幡市民会館に水彩画を搬入した帰りに、昨年に続いて小倉城に寄りました。駅裏の駐車場に車を駐車し、コレットで弁当を仕入れて小倉城に行くと水曜日というのに凄い人出にびっくり。中に花婿花嫁衣装を着た若いカップルが前撮りでしょう、何組か写真屋さんと来て彩りを添えていました。桜は満開のベストタイミング、さらに快晴に恵まれ人が集まってきたようです。ぐるりと桜を見て廻った後、座るところを探していると幸いに石垣の近くのベンチが空いていたので、そこに腰掛け、桜を眺めながら弁当をいただき、最高でした。周囲は家族連れや子供連れが多く、賑やかな花見でした。写真はコチラ
豊前市松江 12.03.22 河津桜の見物 先日、NHK・TVのローカルニュースと朝日新聞で豊前松江の河津桜の開花情報が流されていましたので、マイカーで行きました。駐車場付近の沿道から河津桜公園というみかん農園の山までズッと河津桜が続いています。今冬は何時までも寒かったので開花が遅れ、ピンクの濃い花が未だ5〜8分咲き位の開花だったでしょうか。今週末が満開くらいでしょうか。去年、みかん農園の山の近くまで山手の雑木林が伐採されてブルで造成中でしたが、そこに倉庫が出来、その上に駐車場が出来ていました。帰路、綱敷天満宮に寄って梅の花見物もしました。こちらも1ケ月くらい遅れ、丁度見頃でした。松江の河津桜公園の詳細はコチラ又写真はコチラ
綱敷天満宮 12.03.06 観梅 所用で中津に行った帰途、約千本の梅がある築上町の綱敷天満宮に寄りました。梅の開花はあいにくまだほとんど蕾の状態で、あと一週間くらい掛りそうでした。今年は厳冬で随分遅れたのでしょう。写真はコチラ
九重森林公園スキー場 12.02.16 初滑り 今年も自宅から105kmの九重へ'12年の初すべりに行ってきました。7:05家を出て10号線から耶馬溪に入り玖珠町を経由して九重町役場から四季彩ロードに入りました。深耶馬渓に入って0℃となったので、一目八景を過ぎてから積雪の残る道となるかなと思いきやまったく雪なし。四季彩ロードに入って筋湯に上がると、時々日陰には路面に残雪が残っていました。八丁原発電所の上から雪道となりました。スキー場に着いたのは9:40で、粉雪混じりのガスが掛って駐車場には平日だからでしょう、まだ駐車した車は少なかったです。
ゲレンデは1.3mの積雪で雪質は昨日日中溶けたのか、雪ダマが凍って滑り難くかったです。妻が膝を怪我して昨年は滑れなかったのですが、今年は最初用心しながら滑りました。人も意外に少なくリフトは待ち時間無しの状態で、滑れました。しかし昼前からは多くなり下のファミリーコースは大入り状態となりました。
今年もパノラマコースの途中から作業用(?)道路も林間コースのように整備されて解放されていました。このコースもなかなか面白いです。
15時過ぎ上がって、帰路スキー場から一番近くにある大高原ホテルで露天の温泉に入りました。谷間に作られた素朴な掛け流しの露天風呂はスキーで疲れた体に沁み渡るようで、最高の気分になりました。やはり温泉はいいですね。写真はコチラ
須佐神社
綱敷天満宮
宇佐神宮
正八幡神社
12.01.01 五社参り 元旦は曇り時々雨の予報で初日は望めませんでしたが、例年通り6時起きして五社参りに出発しました。例年通り、地元の伍社神社、須佐神社、浜の宮・綱敷天満宮、宇佐神宮、行橋・正八幡神社の順番で五社参りしました。須佐神社では未だ闇夜ですが、何時ものように鶏の「コケコッコー」の鳴き声がしていました。浜の宮では海岸に若者を中心に出てきそうもない初日を待つ人だかりがしていました。最後の行橋・正八幡神社では10時過ぎになっていたからか、初詣の車で溢れて、まともに駐車出来ませんでした。
人出は全体には例年に無く少なかったのです。東日本大震災の影響でしょうか。写真はコチラ
11年度
・大宰府天満宮&光明寺
・粕屋町・駕与丁公園
・飯塚市・麻生「大浦荘」
11.11.26 紅葉見物
・朝起きると、絶好の小春日和でしたので、妻の希望で紅葉を期待して大宰府に行くことにしました。最初に光明寺を訪れると土曜日とあって人出が結構多かったです。有名な中庭のもみじ園はやや早いと言った所でした。それでも結構綺麗でした。それから天満宮に行き、お参りしました。丁度七五三のお参りで多くの子供連れの親子が社殿でお祓いを受けていました。遊園地の上のもみじの多い山にも上りましたが、中に紅葉した木もありましたが、総じて紅葉していませんでした。
・今年5月に訪れた駕与丁公園のバラ園があまりに見事だっものですから、秋バラのシーズンは過ぎていましたが、花が少しは残っていないかと、訪れました。花は小ぶりでしたが、結構残っていて綺麗でした。
・帰路の途中にある麻生「大浦荘」に寄りました。昨夕、nhk福岡放送局で紹介されていて、紅葉シーズンの特別公開中とのことでしたので、訪れました。大広間からの大庭園の眺望は素晴らしいものがありました。しかし庭のもみじ林は未だ紅葉していませんでした。あのもみじの多さからして、紅葉したら凄いでしょうね。
以上3ケ所を見物しましたが、とにかく良く歩きもしました。9600歩 写真はコチラ
田川市 11.08.15 田川市石炭・歴史博物館 土浦市から来た孫を志免町の長男宅に連れて行くついでに、今話題の「山本作兵衛炭坑画」を見せようと、左記博物館にも寄りました。盆休みとあって子供連れや故郷帰還中の県外者も訪れて大盛況でした。tvニュースでも度々紹介されていた画は勿論、数多くの画が展示され、見応えがありました。屋外にはあの有名な竪坑櫓や煙突は勿論、珍しい大型炭鉱機械類も数多く展示されていました。見所が多く又ゆっくり見に来たいと思いました。写真はコチラ
中津市 11.08.08 福沢旧居&
中津城見物
土浦市から来た孫の中津・皮膚科行きのついでに、福沢旧居と中津城に連れて行きました。まず中津駅にある観光案内所で行き先を教えてもらい、福沢旧居を訪ねました。旧居は思ったより間取りの多い家にびっくりしました。付属の立派な造りの記念館には、様々な貴重な資料が展示され、見応えがありました。
つぎに中津城に行きました。天守閣は観光用に造られたという模擬天守とのことで、近年、競売に掛けられたと言う話があります。城内には入場せず、周囲を見て廻りました。 写真はコチラ
粕屋町・駕与丁公園 11.05.14 バラ園見物 野球観戦の翌日、帰路の途中、妻に請われて訪れました。1,300平方メートルの園内に、180種・約2,400株のバラの花が咲いていました。普通株の他にアーチ型や傘仕立て型を多く配置されて、大規模なバラ園は壮観で素晴らしい景観でした。更に今まで見たこともない素晴らしいレイアウトが逸品でした。
バラ園の場所は駕与丁公園南側の風車を目印に行くといいそうです。 写真はコチラ
くじゅう花公園 11.05.04 春の草花見物、家族リクリェーション 連休で帰宅中の長男家族と久しぶりにくじゅう花公園に行きました。混雑を避けて朝7時に出発、順調に走り、10時過ぎに花公園に着きました。所が駐車場はもう8分くらい詰まっていて、びっくりしました。受付で6ケ月の孫用の乳母車(借り賃:\100)を借りて入場すると、今までかって無いほどの大混雑。それでも2時間くらい掛けて、それぞれの花園を見て廻りました。3才の孫太郎は元気一杯で、花園の中に付いたあぜ道を掛け廻ってはしやいでいました。
廻った順番で咲いていた花たちを紹介しましょう。

まず入場口横の「彩りの丘」には、いろいろな色のビオラが川の流れのように咲いていました。橋を渡って「みはらしの丘」にはサルビアが植えてありましたが、まだ花は咲いていませんでした。その下の「四季彩の丘」は色とりどりのチューリップの花盛りでした。次の橋を渡って「そよ風の丘」には淡い色とりどりのポピーが風にそよいでいました。その上の「ひだまりの丘」は一面薄い空色の優しい花、ネモフィラが咲いていました。次の「シバザクラの丘」はピンク一色の満開のシバザクラのエリアと色とりどりのリビングストン・デージーエリアも花盛りでした。美しい色をした花々と新緑に包まれた春の久住高原の風景を満喫することが出来ました。

見終わって「彩の丘」横のベンチに戻り、弁当の時間。孫太郎は一杯走ったり歩いたりしたからでしょう、凄い食欲でした。食後もそこでゆっくりくつろぎました。
帰路、筋湯の立ち寄り湯で温泉につかって体をリフレッシュして帰りました。写真はコチラ
宇佐市四日市・千財農園 11.05.01 藤の花見物 昼からお天気が良くなったので、連休中の混雑を避けて14時過ぎ、家から車で小1時間の四日市ICの近くにある千財農園内の藤園に行きました。以外にもこの時間帯でも駐車場は8分くらい詰まっていました。フジ園は広大な斜面に全国から集めたフジ240本(2400坪)の紫、ピンク、白の花が6〜7分咲き位で少し早かったですが、甘い香りを漂わせてスダレのようにぶら下がり、結構見応えがありました。フジ園に設けられた丸太に座って妻が売店で買った茶葉入り大福を食べながら、真近にぶら下がったフジの花を心行くまで眺めました。至福の一時です。入場料無料、P場有り。写真はコチラ
北九州市立美術館・分館(リバーウォーク5F) 11.04.28 第95回院展 昨年に続いて行きました。本展では日本美術院同人作家の新作33点をはじめ、受賞作品、および九州出身・在住作家の入選作品を含む77点を展示されていました。いずれも100号とか200号とか、大作ばかりで、その凄さに圧倒されました。油絵よりも勝るのではないかと思いました。亡くなられた平山郁夫さんの特別出品として表紙絵用3点もありました。何れの作品も見ごたえがあり、色が鮮やかで緻密に描かれた素晴らしい作品ばかりで、心を打たれました。
北九州市南区安部山 11.04.12 安部山公園
桜見物
八幡市民会館で展示中の水彩画を搬出し持ち帰る途中に、昨年に続いて小倉の安部山公園に寄りました。交差点、安部山入口から左折すると上り坂となり、と同時に見事な桜のトンネルがズッと上まで続いていました。上りきったところの公園の桜は散り始めて時折吹く風で華吹雪になりました。散る桜も又風情があっていいものですね。標高60〜70mに位置するため、周防灘の海まで見渡せます。何れも桜の樹齢は古く、その幹も味合いがありました。駐車場が無いのが難点ですが、素晴らしい桜の名所だと思います。写真はコチラ
阿蘇・熊本市 11.04.10 一心行桜見物・熊本市内観光 温暖な春の快晴に恵まれましたので、急遽花見&観光のドライブに行きました。走行距離381kmの久々のロングドライブ、絶好のお天気の中、快適な1日でした。コースは下記。写真はコチラ
深耶馬溪→玖珠町→小国町→白水村・一心行の桜→俵山トンネル→物産館(昼食)→熊本空港→熊本市・熊本城→水前寺公園→阿蘇→小国町→玖珠町→深耶馬溪
★白水村・一心行の桜---エドヒガン桜、樹齢400年の大樹で8分咲きの見頃でした。白花で染井よりやや小ぶりの花で、根本から5本くらいの幹が分かれて広がったどっしりとした風格のある大樹でした。P場は近くの畑が広範な公園化され、その中の一部を臨時のP場にしていました。日曜日の桜の見頃とあって、車は渋滞、一心行公園は花見客で一杯でした。
★熊本市・熊本城---一心行公園からR325が渋滞のため、初めて県道28号線を使って熊本市内に入りました。熊本城に近付くと渋滞となり、天守閣に近い二の丸駐車場は入れず大分離れた三の丸駐車場にようやく駐車出来ました。広い二の丸広場は家族連れで大入り、城内でも人だらけでした。桜の花は大分散って盛りを過ぎていました。お城がリニュアールされて本丸御殿が新築され、そこの襖絵が話題になっていたので、期待していました。評判通りの素晴らしいものでした。
★熊本市・水前寺公園---一熊本城から行ったのですが、道に迷って大変でした。その上、16時過ぎでしたので、最初に駐車しようとした北入口は16:30でcloseとのことで、正面入り口に移動し、駐車しました。もう夕方になっていたので、入場者もまばらでゆっくり見物することが出来ました。
行橋市・今川 11.04.07 今川河畔の桜並木見物 日課のウォーキングコースを今日は桜並木の桜見物を兼ねて今川のサイクリング道路に行くことにしました。4〜5kmに渡って続く桜並木は6〜8分咲きくらいで、実に綺麗でした。ウイークデーにも関わらず多くの花見客がバベキューしたり弁当を食べたり、散歩をしたりしていました。写真はコチラ
北九州市・小倉城 11.04.04 小倉城の桜見物 八幡市民会館に水彩画を搬入した帰りに、久しぶりに小倉城に寄りました。駅裏の駐車場に車を駐車し、井筒屋で弁当を仕入れて小倉城に行くと月曜日というのに凄い人出にびっくり。桜は八分咲きくらいのベストタイミング、さらに快晴に恵まれ人が集まってきたようです。ぐるりと桜を見て廻った後、座るところを探してようやく松の植え込みの石垣に腰掛け、桜を眺めながら弁当をいただき、最高でした。周囲は家族連れや子供連れが多く、賑やかな花見でした。写真はコチラ
豊前市松江 11.03.14 河津桜の見物 インターネットで河津桜の開花状況を調べてマイカーで行きました。駐車場付近の沿道から河津桜公園というみかん農園の山までズッと河津桜が続いています。寒い冬だったからかピンクの濃い花が未だ3〜5分咲き位の開花だったでしょうか。満開まであと1週間くらいのようです。駐車場からみかん農園の山の近くまで山手の雑木林が伐採されてブルで造成中でした。どうも大規模な駐車場が出来るようでした。帰路、綱敷天満宮に寄って梅の花見物もしました。こちらも1ケ月くらい遅れ、丁度見頃でした。松江の河津桜公園の詳細はコチラ又写真はコチラ
田川郡大任町 11.02.21 道の駅
温泉行き
2/18から来ている長男家族と近くの温泉に行きました。去年12月に続いて、大任町道の駅(おおとう桜街道(注1))付属の温泉(さくら館)です。その前に付属の遊園地で孫太郎を乗り物やスベリ台で遊ばせました。線路を走るトーマス(孫の大好きなキャラクター)に上気して大喜びしていました。
物産館内の食事コーナーで昼食を取った後、温泉館に行き、私達はもっぱら露天風呂でゆったりつかり、癒されました。道の駅は平日というのに広い駐車場は車でほぼ一杯でした。人気の程が伺えます。
(注1)大任町が町制施行50周年を記念し、約28億円を投じて建設した道路施設。2010年10月16日開業。道の駅では国内最大級の規模という。
九重森林公園スキー場 11.02.01 初滑り 今年も自宅から105kmの九重へ'11年の初すべりに行ってきました。6:55家を出て10号線から耶馬溪に入り玖珠町を経由して九重町役場から四季彩ロードに入りました。家の付近の積雪状態から、耶馬渓に入って雪道になるかなと思っていたら一目八景を過ぎてから積雪の残る道となりました。四季彩ロードは八丁原発電所から雪道となりました。スキー場に着いたのは9:30で、駐車場には晴天にも関わらず、まだ駐車した車は少なかったです。
ゲレンデは2mの積雪で雪質も九州ではめずらしい良質のもので、晴天と相まってベストコンディションに恵まれました。妻が膝を怪我して滑れないのが、淋しかったですが、人も意外に少なくリフトは待ち時間無しの状態で、滑りまくりました。
更に今年は積雪が多いからでしょうか、パノラマコースの途中から作業用(?)道路も林間コースのようになって解放されていました。傾斜はあまりないが、幅の狭い道路がジグザグに曲がって小刻みにターンしなければならず結構面白いコースとなり楽しかったですよ。
帰路スキー場から一番近くにある大高原ホテルで露天の温泉に入りました。スキーで冷えた体が温まり、雪見の露天風呂は最高でした。やはり温泉はいいですね。写真はコチラ
太宰府市・九州国立博物館 11.01.18 没後120年
ゴッホ展
激しい筆致と鮮やかな色彩で描いた静物、風景、肖像画を残したゴッホ(1853〜90)の展覧会に行きました。展覧会では油彩、版画、素描など70点と影響を受けたモネ、ロートレック、ゴーギャンの作品を合わせて120点の作品が展示されていました。ゴッホは37才の若さで亡くなっていますが、27才で画家になって画業は10年しかなかった。今回の展覧会は作風を変え、独特の様式を生み出したその過程を展覧会で見せようと企画されたものだそうです。

時系列的に展示されていて、とても分かり易かったです。全部見終わるのに2時間近くかかりました。素晴らしい展覧会に大満足しました。

須佐神社
綱敷天満宮
宇佐神宮
正八幡神社
11.01.05 五社参り 大晦日から元旦は予報で大雪とのことで、元旦のお参りは諦めました。1/5、小康状態とのことで、五社参りに出発しました。例年通り、地元の伍社神社、須佐神社、浜の宮・綱敷天満宮、宇佐神宮、行橋・正八幡神社の順番で五社参りしました。天気は当初曇っていましたが、浜の宮を出たところから薄日が差し出したものの、又曇り宇佐神宮から戻る途中から小雨となりました。元旦を外してお参りしたのは本当に久しく、人出は全体には少なかったのですが、宇佐神宮だけはP場はほぼ一杯の状態でした。途中食堂で昼食したり、図書館に寄ったりして15時過ぎ帰宅しました。写真はコチラ
10年度
田川郡大任町 10.12.24 道の駅
温泉行き
予報に反して晴れとなりましたので、近くの温泉に行きました。公民館活動時、友達から奨められていた大任町道の駅(おおとう桜街道(注1))付属の温泉(さくら館)です。大規模な道の駅にびっくりしました。大浴場、露天風呂共清潔で大きなものでした。他にサウナ、家族風呂もありました。私はもっぱら露天風呂でゆったりつかり、癒されました。他の設備としてはもみじ館があって、物産特売所、食事処、1億円トイレなどがありました。
友達の奨めていた通り、素晴らしい所でした。又機会をみて訪ねたいです。
(注1)大任町が町制施行50周年を記念し、約28億円を投じて建設した道路施設。2010年10月16日開業。道の駅では国内最大級の規模という。
行橋市市民会館 10.12.18 つばさふれあいコンサート 航空自衛隊・西部航空音楽隊のコンサートがあり、行きました。入場券を妻の友達からもらったためです。2時間、第一部:吹奏楽の響き、第二部:ロマンチック クリスマス、と題してクラッシック、吹奏楽曲、ジャズ、ポップスなど多彩な曲を演奏し、観客を楽しませてくれました。
レベルの高い吹奏楽団で、久しぶりに生のコンサートが聴くことが出来、心が洗われる思いがしました。特にドラマテーマ曲の坂の上の雲は身震いするほど、感動しました。定員913名の会場はほぼ満員状態で、人気のほどが伺えました。音楽隊のHPはコチラ
大分・耶馬溪 10.11.18 深耶馬溪紅葉見物 昨夜、思い立ち、逗留中の孫を連れて耶馬溪に紅葉見物に行くことにした。平日にも関わらず、随分多くの車、そして道まで溢れるような人波でした。渓谷の木々の紅葉は少し過ぎていましたが、まだ綺麗でした。一目八景の写真はコチラ
・みやこ町崎山
・築上町伝法寺
10.10.02 ・ひまわりの花
・彼岸花白花
・崎山の農業研修センター横の田んぼに6万本のひまわりが咲いていました。夕方に行ったので、人出もあまり混雑することなく、ゆっくり花見物することが出来ました。
・崎山から豊津を横切り築上町に出て、伝法寺、通称文殊堂に白い彼岸花を見に行きました。残念ながら少し盛りを過ぎていましたが、結構見がいがありました。写真はコチラ
北九州市・八幡東区 10.06.19 八幡チャンポン食べ 毎年、八幡市民会館で催されている水彩画展に出品しています。或る年、昼食のため、JR八幡駅近辺で偶然見つけたチャンポン店で食べたチャンポンが有名な八幡チャンポンだったのです。今回、長男家族にも食べさせようと、連れて行きました。夫婦で感動していました。チキンカツx2が乗って溶き卵がスープに混ざったキャベツの甘さとミックスされた実に美味しい味です。写真はコチラ
大分県・佐伯市 10.05.04 市内見物&
特大握り寿司食べ
昨年に続いて、長男ファミリーの孫太郎のチャイルドシートにきびり付けられて、どこまで忍耐出来るか心配でしたが、佐伯に行きました。
大きくなった分、それなりに分別が付いたのか、孫は飽きることなく、\1000のお陰で佐伯まで(片道:150km)行くことが出来ました。
7時過ぎに少し早目に出発し、渋滞もなく順調に走りましたので、9:30頃着いてしまいました。時間つぶしに佐伯城跡に行きました。連休はどこへやら、観光客はまばら、穴場でした。木陰で妻が持参したコヒーセットでコヒータイムしました。木陰に居ると、頬を通る爽やかな風とすがすがしい新緑は、とても気持ちのいいものでした。10過ぎにお店の「錦寿司」に行くと、駐車場にはもう数台車が止まっていました。それから小1時間待って、11時丁度に開店しました。特大の卵焼きと特大ねたの乗った握りずしを食べました。地元の活魚を使った味はやはり絶品でした。それから近くにあった「海の市場」に行きました。海産物、特に乾物が多く安かったです。ここも観光客でごったがえしていました。
近くの公園で孫をしばらく遊ばせた後、帰路も高速に乗り、途中、別府SAに寄りましたが、どうにか駐車出来るくらい大混雑状態でした。中津から渋滞ぎみになりましたので、旧道に換え、走って渋滞にも遭わず17:30頃無事帰り着きました。写真はコチラ
宇佐市四日市・千財農園 10.04.27 藤の花見物 庭の手入れ作業の区切りがついたので、14時過ぎ、家から車で小1時間の四日市ICの近くにある千財農園内の藤園に行きました。広大な斜面に180本の紫、ピンク、白の花が3〜5分咲き位で少し早かったですが、結構見応えがありました。駐車場は拡張され、トイレも大きく綺麗になっていました。更に御茶の即売所にはみかん類も取り扱うようになっていました。入場料無料、P場有り。写真はコチラ
北九州市立美術館・分館(リバーウォーク5F) 10.04.21 第94回院展 本展では日本美術院同人作家の新作33点をはじめ、受賞作品、および九州出身・在住作家の入選作品を含む72点を展示されていました。いずれも100号とか200号とか、大作ばかりで、その凄さに圧倒されました。油絵よりも勝るのではないかと思いました。亡くなられた平山郁夫さんは院展への最後の出品となるそうです。その他の作品も見ごたえがあり、色が鮮やかで緻密に描かれた素晴らしい作品ばかりで、心を打たれました。
北九州市南区安部山 10.04.05 安部山公園
桜見物
八幡市民会館に水彩画を搬入した帰りに、何処かで桜見物しようと車中で急に決めた小倉の安部山公園に寄りました。交差点、安部山入口から左折すると上り坂となり、と同時に見事な桜のトンネルがズッと上まで続いていました。上りきったところの公園も満開の桜で一杯でした。標高60〜70mに位置するため、周防灘の海まで見渡せます。何れも桜の樹齢は古く、その幹も味合いがありました。駐車場が無いのが難点ですが、素晴らしい桜の名所だと思いました。写真はコチラ
天神山の大しだれ桜
豊前才尾の一本桜
みやこ町・千女房桜
10.03.30 桜見物 肌寒かったのですが、朝から晴れましたので、桜見物に出掛けました。
★天神山の大しだれ桜---築上町本庄・天徳寺の下にある樹齢65年のしだれ桜で、秋永家先代の母が戦後、京都訪問時、記念に苗を買って帰り宅地に植えたものです。未だ比較的若い木ですが、白色の綺麗な花を付けていました。
★才尾の一本桜---天地山公園の2km先にある樹齢100年を越える山桜です。幹周り4.5m。古賀牧場にある満開の一本桜は牧草の緑とピンクのコントラストがじつに綺麗でした。そこは高地なので、豊前海まで見渡せます。
★みやこ町勝山・仲哀公園の桜---仲哀公園はつづら折の峠道に沿って約1,100本の桜が植えられており、7〜8分咲きでした。また峠の頂上(標高:200m)からの眺めは素晴らしく、町内はもちろん周防灘まで見渡すことができました。火曜日にもかかわらず、多くの花見客で賑わっていました。ここは何時も自転車で上るのですが、久しぶりマイカーで上がりました。。
★千女房桜---宮原にある千女房桜は障子ケ岳ふもとにある高さ19m、枝張り25m、樹齢300年の山桜の老木で、数年前まで地元でも一部の人しか知らない「幻の桜」だったそうです。ここはちょうど満開の見頃で、真っ白な花を一杯咲かせていました。写真はコチラ
豊前市松江 10.02.25 河津桜の見物 新聞に紹介されたのを元に、インターネットで行き道を調べてマイカーで行きました。駐車場も新たに増設され、その付近の沿道から河津桜公園というみかん農園の山までズッと河津桜が続いていました。ピンクの濃い花が8分咲き位の開花だったでしょうか。冬景色の中に濃いピンクの河津桜の並木が出現したのですから、それは美しいとしか言いようがありません。松江の河津桜公園の詳細はコチラ又写真はコチラ
太宰府市・九州国立博物館 10.01.24 九博朝日寄席 「初笑い、伝統の柳派と新作"星空"落語」と題した寄席に行ってきました。昔、故桂 紫雀の落語を聞いて以来の生の寄席見物でした。柳亭わさび(新作1席)、柳亭小えん(新作2席)、柳亭小燕枝(古典落語2席)の計5席を聴きましたが、腹筋がクタクタになりました。
時代の話題をネタにした新作も面白かったですが、古典を聴いていると、古の庶民の生活の場面が浮かんできて映画を見ているような気分になりました。これがベテラン噺家のなせる技でしょうか。感動しました。
昨今、落語も静かなブームのようですが、伝統のある無形文化財の一つである落語、何時までも引き継がれて行って欲しいものです。
帰りに太宰府天満宮に寄って御参りをしました。受験シーズンだからでしょうか、正月並みの大混雑で、人を掻き分けてようやく神前まで進み御参りしました。飛梅も数輪開花していました。写真はコチラ
九重森林公園スキー場 10.01.11 初滑り 今年も自宅から105kmの九重へ'10年の初すべりに行ってきました。久々入場者の多い祭日に行きますので、何時もより早い5:50家を出て10号線から耶馬溪に入り玖珠町を経由して九重町役場から四季彩ロードに入りました。スキー場に着いたのは8:10で、駐車場には曇天にも関わらず、もう100台以上が駐車していました。
この日は深耶馬溪から峠を越えて玖珠町に入っても1℃、ゲレンデはガスが深く視界50m、その上霧雨が降る最悪のコンディション、中、上級コースは視界が利かず危なくてとても滑れませんでした。それでも朝の内は堅い雪面のコンディションでしたので、滑り易かったです。昼頃になると視界が100mくらいまで見え出したので、中、上級コースに上がり滑りました。上は気温が低い分、サラサラした雪面で、上コンディションでした。それでもしばらくして気温が上がったのでしょう、ザクザクした雪面となって滑らなくなりました。
休日のスキー場は、客層も変わりますね。若い男女や子供連れの家族が断然多くなります。リフトで相乗りした時、いろいろお話が出来てお陰で、気持ちが若返りました
帰路スキー場から一番近くにある大高原ホテルで露天の温泉に入りました。スキーで冷えた体が温まり、気分もゆったりなって、やはり温泉はいいですね。写真はコチラ
八景山・護国神社
須佐神社
綱敷天満宮
宇佐神宮
10.01.01 五社参り 予報で雪とのことで、日の出は諦めて何時もより遅い7:30に起床して、五社参りに出発しました。地元の伍社神社、須佐神社、浜の宮・綱敷天満宮、宇佐神宮、八景山・護国神社の順番で五社参りしました。天気は当初曇っていましたが、築城のところから薄日が差し出し、それから雲は多いものの晴れてきました。今年は出発が遅かったのと予報に反して晴れてきたからか、人出も結構多くなりました。12時に帰宅し、それから留守番していた長男家族も含めてお正月をしました。写真はコチラ